このエントリーをはてなブックマークに追加


MENU
間違いなしの出産ギフト案内

出産お祝いギフトガイド

PAGETITLE
出産祝いって、何を贈っていますか?
私は迷ったときには、三越のサイトを参考にしています。
デパートの包装紙って、高級感を演出できるので、お祝いを贈るときには効力を発揮します。
このサイトによると、お祝いギフトでもらって一番嬉しかったものは、ベビー服だそうです。
すぐに大きくなってしまう赤ちゃんの洋服は、いくつあっても嬉しいものです。
お祝いには赤ちゃんも着飾って参加する必要があります。
少し大きめの洋服を贈るのも良いでしょう。
2番目はおもちゃです。
他には赤ちゃんのお世話グッズ、ママ用品と続きます。
私自身がもらって嬉しかったのは、やっぱり衣類でした。
特に肌着類は何枚あってもありがたいものです。
第一子の時だけでなく、第二子以降の出産でも肌着のお祝いギフトは役に立ちます。
日本には四季があるので、春生まれの子どもと空き生まれの子どもでは、必要な肌着や衣類が異なってきます。
上の子どものお古を使いたくても、産まれた季節が異なると大きさがあわずに着せることができないこともあります。
また、母親向けのマザーズバックや授乳ケープなどもお祝いギフトの定番です。
産後は子どもの世話で手一杯で自分の買い物に出ることができません。
いろいろこだわって商品を選びたくても、近所のスーパーでありあわせのものを購入せざるをえないこともあります。
母親の好みを分かっているのであれば、母親向けグッズのプレゼントは喜ばれます。
また、事前にどんなものが欲しいのか聞いてみるのもよいでしょう。
ベビーベッドやベビーカーなどの金額の大きなものは、友人数人でお祝いを出し合って購入することも可能です。
購入前にメーカーや色などの好みを聞いておけば、安心してプレゼントすることができます。
商品券もプレゼントすることができます。
親しい間柄であれば、プレゼントに花束と商品券をセットして贈るのも良いでしょう。
同じ商品が重なることも多いので、母親が自分の好みで商品をチョイスすることができます。
金額は贈る人との関係でおおよその相場があります。
友人関係であるなら、3000円から1万円以内が相場です。
あまり高級すぎるプレゼントは相手の負担になることもあります。
高額なものをプレゼントするときには、職場の同僚や友人同士でお金を出し合って、予算を決めて購入するようにしましょう。

Copyright (C)2014間違いなしの出産ギフト案内.All rights reserved.